足立茂久商店



足立茂久商店  足立照久(11代目)

1969年 新潟県寺泊町山田に生まれる
1997年 新潟大学理学部地質鉱物学科 卒業、卒業と同時に家業の篩製造業に従事
現在 足立茂久商店11代目として研鑽を積む

唐檜(とうひ)の曲輪を桜の皮でとじ合わせ、真鍮網や絹網を張った篩(ふるい)、馬の毛の毛網を張った裏漉し、昔ながらの作り方をかたくなに守ってきた蒸籠(せいろ)。
道具は使われてはじめて生きるもの。現代の人でも気軽に使えるようにと「電子レンジで使えるわっぱ」なども開発、製造している。
伝統の技で、今に生きる物作りを目指している。

0